Winemaking

Winemaking

Vineyard

長野県北佐久郡立科町藤沢にある、約25aのvineyard(ワイン用ブドウ畑)。2013年(平成25年)から立科町農業振興公社が実証を行ってきたところを、2016年(平成28年)に継承しました。
立科町は年間の平均気温が10.0度と冷涼な気候です。また、1月と8月の平均気温の差が25度近くあり、年較差のみならず日較差も大きいところです。そして年間降水量が1,025ミリと、全国的にも屈指の寡雨の町と言われています(出典:立科町ホームページ)。vineyard は、風通しの良い丘陵地(標高680メートル)にあります。この環境が、品質の高いワイン用ブドウを育みます。
現状は、約35aの広さに、白ワイン用品種「chardonnay(シャルドネ)」、赤ワイン用品種「merlot(メルロー)」を栽培しています。今後、vineyardを拡大し、数量・品種ともに拡大していく予定です。


Vineyard見学・栽培体験について

Vineyard は公開しておりませんが、有料にて、Vineyardのご案内及びブドウ栽培体験を承っております。

ご案内

Vineyardの概要や栽培の状況などをご説明しながら、現地をご案内します。お一人様1,000円(一時間程度)、中学生以下は無料です。
なお、ご案内の後、その場でcarraria associatesにご入会頂いた場合には、ご入会された方の分のご案内料金1,000円を入会金から割引致します。
※ carraria associatesについてはコチラ

ブドウ栽培体験

その時期のブドウの生育状況に応じた作業の中から、初めての方でもできる軽微なものを体験して頂きます。一時間あたりお一人様1,000円、中学生以下は無料。二時間以上から承ります。

ご希望の方は、まずは問い合わせフォームにてご連絡ください。ご希望を伺った上で、詳細をご相談させて頂きます。

※ 農繁期や生育状況等の事情により、お受けできないことがありますので予めご了承ください。
※ 上記料金は税込です。当日、現金にてお支払ください。 Vineyard

醸造について

当社のワインは、アルカンヴィーニュに醸造を委託しています。
醸造責任者は小西超氏。同氏はヴィラデストガーデンファームアンドワイナリーの醸造責任者も務めておられます。ヴィラデストと言えば先の伊勢志摩サミットにおいて、『ヴィニュロンズリザーブ シャルドネ2014』が採用されたことでも有名です。また、2016年の日本ワインコンクールでも入賞しています。
ブドウのポテンシャルを最大限に引き出す小西氏の高い醸造技術により、カラリアのシャルドネも洗練されたワインとなりました。

醸造について

※上記URL は2017/6/28時点

PAGETOP